EDRセキュリティご利用に伴う、既存設定に関する注意点

2023.12.12

1.EDRセキュリティをご利用いただくにあたり、ご確認いただきたいこと

エンドポイントセキュリティをご利用いただいているお客様で、下記「2.各種設定項目について」のいずれかの設定を「オフ」にしている場合は、その設定に関連するEDR機能をご利用いただくことができません。
※デフォルト設定は全て「オン」となっておりますので、「オフ」に変更されている場合にご対応が必要となります。
※設定を「オン」にしていただくことで、関連するEDR機能の提供が可能となります。

2.各種設定項目について 

※いずれかがオフの場合は設定変更(3.設定確認・変更について)の対応が必要です。

①Chrome、FirefoxおよびMicrosoft EdgeでWebレピュテーションとURLフィルタリングのHTTPS確認を有効にする:オフ
 影響:WebレピュテーションとURLフィルタリングのHTTPS通信検知ログを元とした注意が必要なイベントが発生しなくなります。

②WebレピュテーションおよびURLフィルタのログをサーバに送信する:オフ
 影響:VBBSS検知ログを元とした注意が必要なイベントが発生しなくなります。

③脅威イベントの詳細を強化型脅威分析のためにサーバに送信する:オフ
 影響:VBBSS検知ログを元とした注意が必要なイベントが発生しなくなります。

④Webレピュテーション:オフ
 影響:Webレピュテーション検知を元とした、注意が必要なイベントが発生しなくなります。

3.設定確認・変更について

現在の設定の確認及び、各項目を「オン」に変更する手順は、以下をご参考ください。
資料&動画>ご利用マニュアル>セキュリティおまかせプラン EDRに関連する設定方法について