視える化できる内容と期待される効果

概要

視える化できる内容と期待される効果について、ご説明いたします。

項目

視える化できる内容

期待される効果

勤務実態の

視える化

・社員のPCでの勤務実態

-繰り返し作業時間

-総業務時間・残業時間・休日業務時間

・「定量的に」削減状況を把握することで、

 全社員を巻き込んだ働き方改革への根拠データに!

申請された残業時間と実態との差のチェック等の根拠データ 自動で把握できる!

勤務作業内容の視える化

RPA等で効率化し得る定型業務の抽出

-作業毎の稼働時間

-作業毎の稼働人数

-作業フロー

・社員の作業内容

-利用したアプリケーション、ファイル、Webページ

感覚に頼らず、根拠をもって、定量的に業務を把握可能!

 効率化すべき業務の優先順位付けを実施することで、 より効果的な働き方改革を推進・提案できる!

・業務実態把握のヒアリングやアンケート、作業フロー把握の手間を低減できる!

セキュリティリスクの視える化

・データのアクセスや持ち出し情報

-オンラインストレージ

USB等外部ストレージ

-転職・離職リスク

-作業員がよく利用するWebやアプリケーション

・重要情報の持出や、業務中の不要なWeb閲覧への抑止効果に!

パソコン内容の視える化

・簡易なIT資産管理

-コンピュータID

OSのバージョン

-ウイルスソフトの有無

OSパッチ

-メモリ

-ディスク空き容量

リプレース時期を検討する材料に!

・社員からのスペックアップの要望への対応を客観的に判断する 材料に!

日次レポート

・普段の働き方と異なる傾向やセキュリティリスクのアラート

-時間外労働

-法定労働の上限規制超え

-セキュリティリスクのある印刷作業

-フリーズ回数

-オンラインストレージ

-外部ストレージ

-転職・離職リスク

・従業員別の日別PC作業ログ

法定労働の上限規制を超える可能性や、セキュリティリスクにつながる作業を行っている従業員をすぐにケアすることが可能!

・月次レポートで気になる作業があった場合に詳細を確認可能!