インストール方法(Windows)

概要

ログを収集するためのツールをインストールする方法(windows)について、ご説明いたします。

インストール方法(windows)

ログを収集するためのツールをインストールします。

【インストール前の注意事項】

 インストーラーは契約単位で異なります。必ず、対象のお客さまのレポートページからダウンロードしたインストーラーをご利用ください。

※別のお客さま(別の契約)のインストーラーは絶対に利用しないでください。情報漏洩につながります。

 インストールは分析対象パソコンのデスクトップ上で実施してください。

※共有サーバー等にインストーラーを置いている場合、デスクトップにコピーしてから利用ください。

インストールすると即座にライセンスがそのパソコンに払い出され、課金対象台数としてカウントされます。
  申込台数以上インストールした場合、追加申込ください。

※アンインストールしてもライセンスは消えません。

※追加申込をしない場合、超過利用としてカウントされ、違約金が発生します。

※同じパソコンに複数回インストールしても課金対象としてカウントされます



1)WEBブラウザーにURL入力、自動ダウンロード

分析したいパソコン上でブラウザーを立ち上げ、「エージェントツールのインストールURLを発行する」で発行されたURLにアクセスすると、自動的にダウンロードが開始されます。

※推奨ブラウザー:Microsoft Edge, Google Chrome, Firefox

イメージ

2)ダウンロードファイルの解凍

ダウンロードした「installer.zip」のフォルダ上で右クリックし、「すべて展開」を左クリック、圧縮ファイルを解凍します。

イメージ

3)「installer」フォルダをダブルクリック

解凍したファイル内にある「installer」フォルダをダブルクリックします。

イメージ

4)「installer.bat」を管理者として実行

「installer.bat」を右クリックし、「管理者として実行」を左クリックします。

※「変更を加えることを許可しますか」とポップアップが出たら「はい」をクリックします。

イメージ

5)インストール完了

正常にインストールが完了するとポップアップが表示されますので、「はい」を選択してください。

※パソコンが再起動します。

イメージ

6)パソコンの再起動後(インストール正常完了の確認)

再起動後に再度、インストールに使用した「installer.bat」をダブルクリックします。
下記の通り表示されると、インストールが完了しております。

イメージ

インストール後にタスクマネージャーを起動すると、「Lspcmr.exe」および「LspEvmon.exe」というプロセス名がどちらも「実行中」になっていることが確認できます。

※プロセスの状態が「開始中」など他の状態である場合、インストールが正常に完了していません。

※タスクマネージャーからプロセスを止めることはできません。

イメージ

【以下の画面が表示された場合】

イメージ

本サービスの利用に必要な通信ポートが空いていないためインストールが実施できません。UTMの通信ポートの開け方については各UTM導入会社にお問い合わせください。

今後のサポートサイト改善のため、お客様の声をお聞かせください。
このページの情報はお役に立ちましたでしょうか?

😀役に立った理由
役に立ったと思う理由について以下より選択ください。
😟役に立たなかった理由
役に立たなかったと思う理由について以下より選択ください。
今後の改善のため、よろしければご意見をお寄せください。
こちらでいただいた内容への返信はしておりません。
お問い合わせや個人情報の入力はご遠慮ください。