ドライブ導入方法

概要

ストレージサービスドライブのご利用にあたって、ストレージサービスドライブのインストーラーとプロファイルのダウンロードを実施します。

ここに注意

ストレージサービスドライブのインストールはWindowsの管理者権限が必要です。

ストレージサービスドライブアプリケーション

1.本サービスのWebにログインし、ツールからアプリケーションをクリックします。

cs_install1.png

2.ご利用OSのビット数に合うパッケージをクリックします。
ダウンロード先を指定して保存します。


cs_install02.png

参考

Windows OSのビット数は、システムからご確認ください。

※Windows 10の場合:
[Windowsキー]+[X] を押す→ [システム]をクリック → [詳細情報]をクリック
ビット数が合っていない場合はインストールができませんので、
その時は別のビット数のパッケージをお試しください。
バージョンが複数あった場合は、リリース日が直近のものを選択ください。


3.ダウンロードしたストレージサービスドライブのインストーラをダブルクリック(起動)します。

cs_install03.png

4.ストレージサービスドライブの使用許諾契約書が表示されます。
 内容をご確認いただき、使用許諾契約書に同意しますをクリックし、「インストール」ボタンをクリックします。

cs_install04.png

5.インストールが開始されます。

cs_install05.png

6.インストールが終わりましたら「完了」ボタンをクリックします。

cs_install06.png

7.PCの再起動を求めるメッセージが表示されます。
 すぐに再起動しても良い場合は「はい」ボタンをクリックします。
 後ほど再起動する場合は「いいえ」ボタンをクリックします。

cs_install07.png

ここに注意

再起動するまでストレージサービスドライブは利用できません。


セキュリティ対策ソフトウェアなどをご利用されている場合、マウントしたドライブをフルスキャンや振る舞い検知の対象から除外するようにしてください。

詳細は利用マニュアル「ストレージサービスドライブ(その他:セキュリティ対策との関係)」を参照ください。

※フルスキャンなどが実施されるたびに、スキャン対象のファイルのダウンロードが実行され、動作が遅くなる可能性があります。

※本サービスにアップロードされたファイルは随時ウイルスチェックをしております。

プロファイルのインストール

本サービスのWebにログインし、 ツールからアプリケーションをクリックします。

cs_install08.png

管理者から指示を受けたプロファイル名がある行のダウンロードリンクをクリックします。
ダウンロード先を指定して保存します。

cs_install09.png

ダウンロードしたプロファイルをダブルクリックします。

cs_install10.png

「OK」ボタンをクリックします。


cs_install11.png

補足

プロファイルインストールの際に管理者権限は不要です
一般ユーザアカウントでのインストールが可能です。

ストレージサービスドライブを利用するすべてのユーザごとにプロファイルのインストール作業が必要です
1台のPCを複数名で使用している場合は、ストレージサービスドライブを利用するすべてのアカウントでログインし、プロファイルをインストールしてください。

プロファイルは違うログインIDで同じものを利用することができます
一般ユーザアカウントの間で同じ設定を適用する場合、1つプロファイルを作ればそれを誰でも利用することができます。

TOPに戻る