ユーザー管理

概要

ユーザーの管理について説明いたします。

ユーザーの編集

ユーザー登録情報の編集方法について説明します。
登録ユーザー情報の変更可能な項目は以下となります。

編集可能項目(全般タブ)

説明

名前 

メールアドレス 

本サービスのログインID

※登録したユーザーのメールアドレスに利用者登録のご案内メールが届きますので、メールの受信可能なメールアドレスを入力してください

所属するグループ 

ユーザーが所属するグループを選択可能

組織名 

部署名

備考

電話番号

ユーザータイプ

デフォルトは「一般」

有効期限 

利用開始日時、または利用終了日時のどちらかまたは両方を設定可能

ユーザーを無効にする 

期間を指定してユーザーを無効にすることが可能

既定のタイムゾーン

既定の言語

「日本語」のみ

ログインサイクル

設定することで、ログイン可能な曜日、時間帯を指定可能

パーソナルフォルダ

パーソナルフォルダの利用

クオータを有効にする

パーソナルフォルダのクオータ(容量制限)を設定可能

デフォルトは「無効」

Drive

デフォルトは「使用を許可する」

データ転送ツール

デフォルトは「利用を許可しない」

契約者は※マークがついている項目を設定・変更できません。
契約者の名前や組織名を変更したい場合は、契約変更メニューの契約情報変更から
名前は「担当者名」を、組織名は「会社名」を変更してください。
詳細は、利用マニュアル「契約変更・解約申込編」の「2.契約情報を変更する場合」を参照ください。

本手順では、作成済みのユーザーの編集方法について説明します。
ユーザーの新規作成方法については利用マニュアル「導入編」の「5.ユーザー作成」を参照ください。


ユーザー編集画面の呼び出し

1.本サービスのWebにログインします。

①【ツール】を選択します。

②【管理コンソール】をクリックします。

cs_admin01.png

編集を開始するをクリックし、閲覧モードから編集モードへ変更します。

cs_admin02.png

④ユーザーをクリックします。編集したいユーザー欄の[詳細]をクリックします。

cs_admin03.png

⑤「変更」ボタンをクリックします。

cs_admin04.png

⑥内容を変更し、[保存]ボタンをクリックします。

cs_admin05.png



メールアドレスの変更

1.[メールアドレス変更]ボタンをクリックします。

cs_admin06.png

2.内容を変更し、[保存]ボタンをクリックします。

cs_admin07.png


メールアドレスの変更を行うと、変更されたメールアドレス宛に
ユーザーの新規作成時同様にメール通知します。
メール内に記載のURLのクリックし、パスワード設定が必要です。

所属するグループ

ユーザーが所属するグループが表示されます。
cs_admin08.png

担当管理グループ・承認グループ

共有リンクの承認者を設定されている場合、担当者の名前が表示されます。



TOPに戻る

編集の終了

「編集を終了する」ボタンをクリックし、編集モードから閲覧モードへ変更後、
画面右上の×ボタンをクリックし、管理コンソール画面を閉じます。

cs_admin09.png

ここに注意
グループ削除の際、対象のグループに所属するユーザーがいる場合、グループを削除することができません。
グループを削除する場合は、まず対象のグループに所属している全ユーザーを移動、 または削除してから、
グループを削除してください。



グループの変更

ユーザーをクリックします。
①グループを変更したいユーザーのチェックボックスを入れます。
②「グループの変更」ボタンをクリックします。

cs_admin10.png

③グループ名を検索またはリストから選択します。

cs_admin11.png

グループを選択し、「選択したグループへ移動」または
「選択したグループへ追加」ボタンをクリックします。

「選択したグループへ移動 」
→現在所属しているグループから移動し、選択したグループへ移動する場合にクリックします。

「選択したグループへ追加 」
→選択したグループに追加する場合にクリックします。

cs_admin12.png

「OK」ボタンをクリックします。

cs_admin13.png

選択したグループにユーザーが追加されます。

cs_admin14.png


「編集を終了する」ボタンをクリックし、編集モードから閲覧モードへ変更後、

画面右上の×ボタンをクリックし、管理コンソール画面を閉じます。



cs_admin15.png



ユーザーの削除

【ツール】を選択し、【管理コンソール】をクリックします。

cs_admin17.png

編集を開始するをクリックし、閲覧モードから編集モードへ変更します

cs_admin18.png

「ユーザー」をクリックします。

削除するユーザーを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

cs_admin19.png

「OK」ボタンをクリックします。



cs_admin20.png

「編集を終了する」ボタンをクリックし、編集モードから閲覧モードへ変更後、

画面右上の×ボタンをクリックし、管理コンソール画面を閉じます。


削除したユーザーの設定でパーソナルフォルダがオンになっていた場合、
パーソナルフォルダの退避先選択画面が表示されます。
退避先フォルダを選択し、「OK」ボタンをクリックします。


cs_admin21.png



TOPに戻る

サブ管理者の設定

サブ管理者とは

システム管理者しかできなかった管理コンソールの操作を、

フォルダ単位で指定したメンバーへ「サブ管理者」として管理権限を委譲できる機能です。

なお、下記3点はサブ管理者に移譲できない操作権限です。

 ・管理コンソール上の「一括処理」機能の利用

 ・管理者の作成

 ・「サブ管理者」の任命

サブ管理者の新規作成方法

1.本サービスのWebにログインします。

①【ツール】を選択します。

②【管理コンソール】をクリックします。

cs_admin01.png

編集を開始するをクリックし、閲覧モードから編集モードへ変更します。

cs_admin02.png

サブ管理者をクリックします。

サブ管理者画面にて【新規作成】をクリックします。


sd_memer31.png

ユーザーの選択より”検索”もしくは”リストから選択”より対象の一般ユーザーを選択し、

 次へをクリックします。

sd_memer32.png

対象フォルダの選択より管理を委譲するフォルダを選択し次へをクリックします。



sd_memer33.png

委譲する管理タスクよりサブ管理者へ権限を与える項目を選択し

 保存をクリックします。



sd_memer34.png

サブ管理一覧に登録したメンバーが表示されます。



sd_memer35.png

「編集を終了する」ボタンをクリックし、編集モードから閲覧モードへ変更後、
画面右上の×ボタンをクリックし、管理コンソール画面を閉じます。

cs_admin09.png


対象フォルダ

sd_memer36.png

  • フォルダを指定しない

 管理タスクを委譲したいが、サーバ内のフォルダ構成、及び設定されているロールを

 参照させたくない場合、この項目を選択します。

 サブ管理者の管理コンソール上には[フォルダ]項目は表示されません。

  • すべてのフォルダの参照を許可

 サーバ内のフォルダ構成、及び設定されているロールを参照させたい場合、

 この項目を選択します。

 サブ管理者の管理コンソール上には[フォルダ]項目が表示され、各フォルダの構成

 及び、ロールを確認する事が出来ます。参照は可能ですが、フォルダに対しての編集

 はできません。

  • すべてのフォルダの変更を許可

 サーバ内のフォルダ構成、及び設定されているロールを編集させたい場合、この項目を選択します。

 サブ管理者の管理コンソール上には[フォルダ]項目が表示され、ユーザーやグループの追加/削除、ロールの変更をする事ができます。

  • 委譲するフォルダを指定する

 特定のフォルダに対して、フォルダ構成、及び設定されているロールを編集させたい場合、この項目を選択します。

 サブ管理者の管理コンソール上には[フォルダ]項目が表示され、
 対象のフォルダに対してユーザーやグループの追加/削除、ロールの変更をする事ができます。

参考

「管理コンソール」の「フォルダ」には許可されたフォルダしか表示されません。
許可のないフォルダは非表示となります。

委譲する管理タスク

グループ

管理コンソールの「グループ」に対しての編集権限を与える事が可能

グループの新規作成

グループを新規作成可能

他のサブ管理者が作成したグループの変更

自分以外の管理者及びサブ管理者が作成したグループに対して更新を加える事が可能

ユーザー

管理コンソールの「ユーザー」に対しての編集権限を与える事が可能

ユーザーの新規作成

ユーザーを新規作成する事が可能

他のサブ管理者が作成したユーザーの変更

自分以外の管理者及びサブ管理者が作成したユーザーに対して更新を加える事が可能

フォルダ

管理コンソールの「フォルダ」に対しての編集権限を与える事が可能

※”対象フォルダの選択”で選択した権限に付随します

ロール

管理コンソールの以下のメニュー座に対しての編集権限を与える事が可能

ロールの

新規作成

ロールを新規作成する事が可能

他のサブ管理者が作成したロールの変更

自分以外の管理者及びサブ管理者が作成したロールに対して更新を加える事が可能

ごみ箱

管理コンソールの「ごみ箱」に対しての編集権限を与える事が可能

※変更が有効になっていない場合は閲覧

変更

ユーザーが削除した一般フォルダのファイルに対して以下の操作が可能。
・元のフォルダに戻す
・指定したフォルダに戻す
・ごみ箱から削除

ポリシー設定

管理コンソールの「ポリシー設定」に対しての編集権限を与える事が可能※

変更

各種ポリシー設定に対して更新を加える事が可能

共有リンク証跡の読み取り

管理コンソールの「共有リンク証跡」を閲覧する事が可能

メールテンプレート

管理コンソールの「メールテンプレート」に対しての編集権限を与える事が可能※

変更

メールテンプレートの新規作成、及び既存のテンプレートに対して更新を加える事が可能

管理ログの参照

管理者及びサブ管理者の操作ログを確認する事が可能

アプリケーション

管理コンソールの「アプリケーション」に対しての編集権限を与える事が可能

※変更が有効になっていない場合はダウンロードとリリースノートの閲覧のみ

変更

インストーラの選択及び、プロファイルの新規作成が可能

フォルダクォータ

クォータが設定されている、一般フォルダ、プロジェクトフォルダ、パーソナルフォルダを確認する事が可能

フォルダテンプレート

管理コンソールの「フォルダテンプレート」に対しての編集権限を与える事が可能※

フォルダテンプレートの新規作成

フォルダテンプレートを新規作成する事が可能

他のサブ管理者が作成したフォルダテンプレートの変更

自分以外の管理者及びサブ管理者が作成したフォルダテンプレートに対して更新を加える事が可能

ファイル

ロック

管理コンソールの「ロックファイル一覧」に対しての編集権限を与える事が可能

変更

ロックされたファイルを解除する事が可能

※変更が有効になっていない場合は閲覧のみ



ユーザーの一括登録・編集

管理コンソールでのユーザーの一括編集方法についてご案内いたします。

一括編集は1回につき1,000名分の情報を変更・登録することができます。

CSVのダウンロード

まず、CSVのフォーマットをダウンロードします。
すでに登録済のユーザーの情報を取得可能です。

1.本サービスのWebにログインします。

①【ツール】を選択します。

②【管理コンソール】をクリックします。

cs_admin01.png

編集を開始するをクリックし、閲覧モードから編集モードへ変更します。

cs_admin02.png

ユーザー情報のダウンロードをするため、「ダウンロード」ボタンをクリックします

sd_memer37.png

ダウンロードしたCSVファイルを開きます。

CSVの編集

各項目への入力方法は以下となります。

※各項目の注意点は、次ページを参照ください。
※変更しないユーザーの情報はそのままにしてください。

項目名

入力内容

必須/任意

Login ID

(編集禁止)

ユーザーの追加の時は空白

編集の時は必須

Name

名前

必須

Email address

メールアドレス/ログインID

必須

Group

所属グループ名

任意

Organization

組織名

任意

Department

部署名

任意

Notes

備考

任意

Phone Number

電話番号

任意

UserType

ユーザータイプ

1を入力すると管理者

0を入力すると一般ユーザー

必須

Valid From(UTC)

利用開始日時

※UTC(世界標準時)にて取り込まれますので、実際に設定したい時間から9時間前の時間を入力します。

任意

Valid Till(UTC)

利用終了日時

※UTC(世界標準時)にて取り込まれますので、実際に設定したい時間から9時間前の時間を入力します。

任意

Disabled

ユーザーの有効無効について

1を入力すると無効なユーザー

0を入力すると有効なユーザー

必須

Personal folder

パーソナルフォルダの利用

1を入力するとパーソナルフォルダの利用を許可します

0はパーソナルフォルダが利用不可であることを表します

必須

Allow Fileforce Drive

ストレージサービスドライブの利用

1を入力するとストレージサービスドライブの利用を許可します

0を入力するとストレージサービスドライブの利用を不可とします

必須



編集時の注意点は以下の通りです。

利用開始日時利用終了日時

日付のフォーマットは”yyyy/mm/dd hh:MM“です。

例)2021/04/16 04:23

所属グループ名

ユーザーを複数のグループに所属させるには、グループ名を半角のパイプ記号で区切って記述します。

例)総務部|営業部|開発部

パーソナルフォルダの利用

本サービスでパーソナルフォルダの利用が不可となっている場合(CSVファイルの【Personal Folder】欄に
「0」が入力されている状態)、CSVファイルの【Personal Folder】欄を「1」へ変更しアップロードすることで、パーソナルフォルダの利用が可能となります。

ただし、本サービスでパーソナルフォルダの利用を可能としている場合(CSVファイルで「1」が入力されている状態)、
CSVファイルの【Personal Folder】欄を「0」へ変更しアップロードしても、パーソナルフォルダを利用不可とすることはできません。

パーソナルフォルダの利用を可能と設定している場合、CSVファイルでは変更ができないため、
【ツール】 – 【管理コンソール】 – 【ユーザー】をクリックし、対象ユーザーの情報を変更してください。

CSVファイルの内容を編集し保存します。

CSVファイルの文字エンコードはUTF-8ですので、UTF-8で保存してください。

CSVファイル保存例 Excel2016をご利用の場合

CSVファイルを編集後、保存の際には名前を付けて保存をクリックし、
【CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)】を選択し、ファイルを保存します。

sd_memer38.png

CSVをアップロードして一括編集を登録する

管理コンソールのユーザーをクリックし、「一括編集ボタン」をクリックします。

sd_memer39.png

「参照」ボタンをクリックし、編集後保存したCSVファイルを選択します。

 CSVファイル選択後、「アップロード」ボタンをクリックします。



sd_memer40.png

「OK」ボタンをクリックします。



sd_memer41.png


CSV内に1つでも不備がある場合は画面上にエラーメッセージが表示され、

問題無い行についてもユーザーの編集内容が反映されません。

エラーの内容を確認し、再度CSVの編集を実施してください。


sd_memer42.png

各ユーザーの詳細をクリックし、CSVファイルの編集内容が反映されていることを確認します。





TOPに戻る