ごみ箱の中身が表示されない

ごみ箱について

【全社共有】フォルダー配下のフォルダやファイルを削除すると、管理コンソール内のごみ箱に移動します。

誤って削除してしまったファイルやフォルダーは、「復元」し、元の場所または任意の場所へ戻すことが可能です。



ここに注意
ごみ箱内のデータの保存期間は30日です。
※自動的に30日で消去されます。
※ごみ箱にあるファイルの容量は使用容量に含まれます。



ごみ箱に保存しているファイルが見つからない場合

管理者権限のデフォルトの設定では、【パーソナルフォルダ】しか選択ができません。
【全社共有】を表示させたい場合は以下の設定を行います。

ここに注意


※一般ユーザーの場合は管理ツールへアクセス権限はございません。

ツールから管理コンソールを選択します。

左カラムの[ポリシー設定]の[ごみ箱ポリシー]を選択します。
『個人のごみ箱に「全社共有」のフォルダー内で削除したファイルを含める』にチェックを入れて[保存]ボタンを押します。

としは.PNG


別のユーザーが削除したファイルやフォルダーも復元したい

ユーザータイプが【管理者】であれば、別のユーザーが削除したファイルやフォルダも復元することが出来ます。

ツールから管理コンソールを選択します。

ちとき.PNG

グループの左側にある「三」をクリックし、[ごみ箱]をクリックします。

くはまく.PNG




削除したファイルやフォルダーの一覧が表示されます。

ojpo.PNG



編集を開始するをクリックした後、表示対象や、対象範囲を選択し復元したいデータを確認します。

復元したいデータがあれば、該当項目の左にあるチェックボックスにチェックを入れた状態で、
上部のボタンをクリックします。

 ・[元のフォルダーに戻す]
 ・[選択したフォルダーに戻す]