Microsoft Office連携機能

概要

Microsoft Office連携によりOfficeファイルのプレビューや編集、Officeファイルの新規作成、また、同時編集が可能です。

ここに注意

Microsoft Office連携は、以下をご注意ください。
※Officeファイルの新規作成、編集する場合は、別途一般法人企業向け Microsoft アカウント 
 (Business Basic/App for business/Business Standard/ Business Premium)が必要です。
 (プレビューのみの場合は不要です。)

※ポリシー設定やフォルダロールで編集の利用許可設定が必要です。
 設定内容については、管理者様にご確認ください。

ファイル形式による実施可能な操作は以下の通りです。

<プレビュー・編集可能>

Open XML (.docx)

マクロ (.docm) ※1

OpenDocument (.odt)

Open XML (.xlsx, .xlsb)

マクロ (.xlsm) ※2

OpenDocument (.ods)

Open XML (.pptx, .ppsx)

OpenDocument (.odp)

<プレビューのみ可能>

その他 (.dotm, .dotx)

テンプレート (.pot, .potx)

マクロ (.pptm, .potm, .potx, .ppsm) ※1

<プレビュー・変換後編集可能>

バイナリ (.doc):.docx に変換後編集可能

バイナリ (.xls):.xlsxに変換後編集可能

バイナリ (.ppt, .pps):.pptxに変換後編集可能

※1.マクロの実行または変更はできません。
※2.マクロが存在する場合、マクロを削除したファイルのコピーを保存するように求められます。
※2022年9月時点

編集したい方は 「OfficeファイルをMicrosoft Officeで編集する」を参照ください。

新規作成したい方は 「Officeファイルを新規作成する」を参照ください。

同時編集したい方は 「同時編集」を参照ください。

旧ファイル形式のOfficeファイルを編集したい方は 「Microsoft Office旧ファイル形式の編集」を参照ください。

ここに注意

Microsoft Office連携機能によるOfficeファイルの編集中は一定間隔でバージョンファイルが作成され、編集完了後にバージョンファイルの整理を実行します。
詳細については、「 Microsoft Office連携機能によるOfficeファイルの編集時」を参照ください。

OfficeファイルをMicrosoft Officeで編集する

1.Microsoft Officeで開きたいOfficeファイルの[ファイルメニュー]を開きます。

cs_user41.png

[Microsoft〇〇で編集]を選択します。

※ファイルを右クリックしても同様のメニューが表示されます。

cs_user42.png

ここに注意

[Microsoft〇〇で編集]が表示されるのは、<編集可能>なファイル形式の場合のみです。

<プレビューのみ可能>ならびに<変換後編集可能>なファイル形式の場合は、[ファイルメニュー]で[Microsoft〇〇で開く]が表示され、選択するとプレビューモードでファイルが表示されます。


2.初回利用時で、Officeファイルを開いているブラウザでMicrosoftアカウントの認証が実行されていない場合(もしくは、Microsoftアカウントの認証の期限が切れていた場合)Microsoftアカウントの認証が要求されます。

cs_user43.png

Microsoftアカウントの認証を実施してください。

3.編集画面が表示されます。編集終了後は、ブラウザのタブを閉じるか、画面右上の×ボタンをクリックします。

cs_user44.png

ここに注意

すでにストレージサービスドライブからローカルPCのアプリケーションで同じファイルが開かれている場合、エラーが表示されます。
cs_user45.png



Officeファイルを新規作成する

1.Officeファイルの新規ファイルを作成したいフォルダにて「新規」ボタンをクリックします。

cs_user46.png

2.新規作成画面が表示されます。ファイル名を入力し、「作成」ボタンクリックします。

cs_user47.png

3.編集画面が表示されます。
 編集終了後は、ブラウザのタブを閉じるか、画面右上の×ボタンをクリックします。
 ※初回利用時で、Officeファイルを開いているブラウザでMicrosoftアカウントの認証が実行されていない場合(もしくは、Microsoftアカウントの認証の期限が切れていた場合)Microsoftアカウントの認証が要求されますので、Microsoftアカウントの認証を実施してください。

cs_user48.png

同時編集

同じファイルをMicrosoft Office連携機能で編集をすると、同時編集が可能となります。

<Aさんの画面>
同時編集を実施しているユーザの確認と挿入した箇所への移動が可能です。
PowerPointの場合、同時編集しているページが確認可能です。

cs_user234.png


<Bさんの画面>

cs_user235.png


同時編集しているユーザがすべてタブを閉じる、または画面右上の×ボタンをクリックすると編集終了となります。


Microsoft Office旧ファイル形式の編集

Microsoft Officeの旧ファイル形式(xls, doc, ppt等)の編集時、ファイル名はそのままで最新のファイル形式に自動で変換され、変換されたファイルが更新されます。

(「2003pp.ppt」の場合は、「2003pp.pptx」に自動で変換され同フォルダに配置されます。
 その後、「2003pp.pptx」が編集されます。「 2003pp.ppt 」はそのまま残ります。
 ※すでに「 2003pp.pptx 」 が同フォルダに配置されている場合は、「 2003pp(1). pptx 」に変換されます。 )

Microsoft Officeの旧ファイル形式(xls, doc, ppt, pps)から最新のファイル形式に変換し、編集する手順は以下の通りです。

1.Microsoft Officeで開きたいOfficeファイルの[ファイルメニュー]を開きます。

cs_user49.png

[Microsoft〇〇で開く]を選択します。
※ファイルを右クリックしても同様のメニューが表示されます。

cs_user50.png

2.プレビューモードでOfficeファイルが表示されます。
 編集が不要の場合は、ブラウザのタブを閉じるか、画面右上の×ボタンをクリックします。

cs_user51.png

3.以下の方法で編集モードに切り替えをします。

<Word>
画面右上の「編集」ボタンをクリックします。

cs_user52.png

<Excel>
画面中央の「閲覧」ボタンをクリックし、さらに「編集」をクリックします。

cs_user53.png

<PowerPoint>
画面右上の「ブラウザで編集」ボタンをクリックします。

cs_user54.png


4.変換確認のダイアログが表示されます。「今すぐ変換」ボタンをクリックします。


cs_user55.png

5.変換完了後以下のような画面が表示されます。「編集を開始する」ボタンをクリックします。

cs_user56.png

6.編集画面が表示されます。編集終了後は、ブラウザのタブを閉じるか、画面右上の×ボタンをクリックします。
 ※初回利用時で、Officeファイルを開いているブラウザでMicrosoftアカウントの認証が実行されていない場合(もしくは、Microsoftアカウントの認証の期限が切れていた場合)Microsoftアカウントの認証が要求されますので、Microsoftアカウントの認証を実施してください。

cs_user57.png

TOPに戻る