ゴミ箱

概要


保管しているファイル、フォルダを削除した場合、【ツール】 メニューの【ごみ箱】に移動します。
アクセス方法や復元方法、エラーについて説明します。

ここに注意

パーソナルフォルダの利用が許可されている場合、もしくはポリシーにより【全社共有】内で削除したフォルダ・ファイルの復元許可されている場合に【ツール】 - 【ごみ箱】は表示されます。

管理者が許可していない場合、【全社共有】フォルダ内のファイル、フォルダは【ツール】 - 【ごみ箱】に移動しません。

※管理コンソールの【ごみ箱】に移動します。

【パーソナルフォルダ】から削除したファイルやフォルダは、「指定した場所へ戻す」ことができますが、
【全社共有】から削除したファイルやフォルダは、「元の場所へ戻す」のみ実施することができます。

アクセス方法

【ツール】 - 【ごみ箱】をクリックします。



cs_user192.png

ごみ箱からファイルやフォルダを元に戻す

復元したいファイルにチェックを付け、ボタンをクリックします。

パーソナルフォルダの場合は、以下のボタンが表示されます。

・元のフォルダに戻す ファイルやフォルダが保管されていた場所に戻すことができます。

・指定したフォルダに戻す ファイルやフォルダを指定した場所に戻すことができます。 

 

<パーソナルフォルダ>

cs_user193.png


<全社共有>

cs_user194.png

ここに注意

【全社共有】フォルダ内のファイルとフォルダは、「元のフォルダに戻す」ことはできますが
「指定したフォルダに戻す」ことはできません。また、「ごみ箱から削除」することもできません。

リストア(復元)します。

【元のフォルダに戻す】をクリックした場合

元のフォルダに戻す旨メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

cs_user195.png


【指定したフォルダに戻す】をクリックした場合

フォルダ指定画面が表示されます。

復元先フォルダを指定し、「リストア」ボタンをクリックします。
指定した復元先にファイルが保管されます。

cs_user196.png

参考

フォルダも同様の手順で復元することができます。



ごみ箱からファイルやフォルダを削除する(パーソナルフォルダのみ)

ここに注意

ごみ箱に移動したファイルやフォルダを削除すると、復元することはできなくなります。


【ツール】 ー 【ごみ箱】をクリックします。

削除したいファイルを選択し、「ごみ箱から削除」ボタンをクリックします。

cs_user262.png

「OK」ボタンをクリックすると、ごみ箱からファイルが削除されます。



cs_user198.png

参考

フォルダも同様の手順で削除することができます。



【元のフォルダに戻す】操作で失敗となる場合

以下のような場合は、【元のフォルダに戻す】をクリックした際に失敗となります。

・元のフォルダに対し、ファイル、フォルダの作成権限がない

・元のフォルダが削除されている

・元に戻すと、フォルダの階層が増えて上限である30階層を超えてしまう

・元に戻すと、サブフォルダ数の上限1,000フォルダを超えてしまう

・元に戻すと、ファイル数の上限10,000ファイルを超えてしまう

・元に戻すと、フォルダパスの長さが上限255文字を超えてしまう



エラーメッセージ

リストア(復元)の際に表示される可能性のあるエラーメッセージは、以下となります。

リストア先のフォルダに必要な権限がないため、リストアに失敗しました。
システム管理者へお問い合わせください。

エラー理由

復元先のフォルダに対し、フォルダの作成権限がないため表示されます。

*パーソナルフォルダに復元する場合、このエラーが生じることはありません。
*ファイルはサブフォルダロールの権限をチェックしています。  

リストア先のフォルダが既に削除されているため、リストアに失敗しました。
システム管理者へお問い合わせください。 

エラー理由

【全社共有】フォルダ内の復元先のフォルダが削除されているため表示されます。

リストア先のフォルダが既に削除されているため、リストアに失敗しました。

エラー理由

【パーソナルフォルダ】内の復元先フォルダが削除されているため表示されます。

フォルダ階層の上限を超えるフォルダが存在するため、リストアに失敗しました。
システム管理者へお問い合わせ下さい。

エラー理由

【全社共有】フォルダへ復元すると、フォルダ階層が上限を超えてしまうため表示されます。

フォルダ階層の上限を超えるフォルダが存在するため、リストアに失敗しました。

エラー理由

【パーソナルフォルダ】へ復元すると、フォルダ階層が上限を超えてしまうため表示されます。

リストア先のフォルダ数が上限を超えたため、リストアに失敗しました。
システム管理者へお問い合わせ下さい。

エラー理由

【全社共有】フォルダへ復元すると、フォルダ数の上限を超えてしまうため表示されます。

リストア先のフォルダ数が上限を超えたため、リストアに失敗しました。

エラー理由

【パーソナルフォルダ】へ復元すると、フォルダ数の上限を超えてしまうため表示されます。

リストア先のファイル数が上限を超えたため、リストアに失敗しました。
システム管理者へお問い合わせ下さい。

エラー理由

【全社共有】フォルダへ復元すると、ファイル数の上限を超えてしまうため表示されます。

リストア先のファイル数が上限を超えたため、リストアに失敗しました。

エラー理由

【パーソナルフォルダ】へ復元すると、ファイル数の上限を超えてしまうため表示されます。

その他のメッセージ

リストア(復元)の際に表示される可能性のあるメッセージは、以下となります。 

以下のフォルダの名前が変更されました。
以下のファイルの名前が変更されました。

表示される理由

復元先にすでに同名のフォルダやファイルがあった場合は、自動的に名前が変更となります。

TOPに戻る