Webレピュテーション

概要

Webレピュテーションは、Webセキュリティデータベースを利用して、アクセスしようとしているURL、
またはWebサイトと通信するメールメッセージに埋め込まれたURLをチェックします。

不正なURLへの接続と判断する場合は通信をブロックします。

設定方法

① 管理コンソールにて、 「ビジネスセキュリティクライアント」 を選択します。

② グループを選択 を選択します。

③「ポリシーの設定」 を選択します。

ep_web_rep01.png


④「Webレピュテーション」を選択 します。

⑤セキュリティレベルを選択します。(低・中・高)

 ※初期値は「中」となっています。

⑥ブラウザ脆弱性対策機能を有効にする場合は

 「不正スクリプトを含むページをブロックする」に チェックを入れます。

⑦「保存」をクリックします。

ep_web_rep02.png