電子証明書設定

電子証明書の設定方法

CloudEdgeでは、初期設定の証明書にインターネット上の既知の(信頼できる)

認証局(CA=Certification Authority)による署名がありません。

ユーザーがHTTPS Webサイトにアクセス、またはSMTPS、POP3S、IMAPSでメールを送受信するたびに、

ブラウザーまたはメールクライアントに証明書の警告が表示されます。

この警告が表示されないようにするには、証明書をエクスポートしてブラウザーにインストールします。



設定方法

①「管理」を選択します。

②「証明書管理」を選択します。

③「エクスポート」をクリックすると、「CloudEdge.crt」というファイルがダウンロードされます。

 ダウンロードした「CloudEdge.crt」をダブルクリックします。

 「セキュリティの警告」が表示された場合は、「開く」をクリックします。

gw_cert01.png


④「証明書」ダイアログボックスが開くので、「証明書のインストール」をクリックします。
 「証明書のインポートウィザード」が開きます。

gw_cert02.png


⑤「次へ」をクリックします。

gw_cert03.png
⑥「証明書をすべて次のストアへ配置する」を選び、「参照」をクリックします。
 「信頼されたルート証明機関」を選択し、「OK」をクリックします。

⑦「次へ」をクリックします。

gw_cert04.png
⑧「完了」をクリックして「証明書のインポートウィザード」を閉じます。
 「セキュリティの警告」が表示された場合は、「開く」をクリックします。
 「正しくインポートされました」と表示されたら、インポートの完了です。

gw_cert05.png

FireFoxの場合

※下記手順はクライアント端末での作業となります。

① FireFoxを起動し、ツールバーの一番右にあるメニューをクリックして、

「オプション」をクリックします。

gw_elecertif06.png


②「詳細」→「証明書」の順にクリックし、「証明書を表示」をクリックします。

gw_elecertif07.png


③「認証局証明書」を選択し、「インポート」をクリックします。

gw_elecertif08.png

④証明書ファイルをクリックして選択し、「開く」をクリックします。

gw_elecertif09.png

⑤「証明書のインポート」ダイアログボックスが開いたら、

 チェックボックスすべてにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

gw_elecertif10.png

⑥「証明書マネージャー」に戻り、「Trend Micro」の下に「Cloud Edge | Software Security Device
 という項目が追加されていれば、インポートの完了です。

gw_elecertif11.png

Thunderbirdの場合

※下記手順はクライアント端末での作業となります。 

①Thunderbirdを起動し、ツールバーの一番右にあるメニューをクリックして、「オプション」をクリックします。

gw_elecertif12.png

②「詳細」→「証明書」の順にクリックし、「証明書を管理」をクリックします。

gw_elecertif13.png

③「証明書マネージャ」が開くので、「認証局証明書」が選択されている事を確認し、

 「インポート」をクリックします。

gw_elecertif14.png

④証明書ファイルをクリックして選択し、「開く」をクリックします。

gw_elecertif15.png

⑤「証明書のインポート」ダイアログボックスが開いたら、

 チェックボックスすべてにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

gw_elecertif16.png

⑥「証明書マネージャー」に戻り、「Trend Micro」の下に「Cloud Edge | Software Security Device
 という項目が追加されていれば、インポートの完了です。

gw_elecertif17.png