IPS(不正侵入防止システム)

概要

IPS機能は、ポリシールールで許可されたトラフィックをさらに調べ、デバイスに侵入する脅威、
セキュリティホール、バックドアプログラムなどの攻撃がないかを確認し、ゲートウェイのセキュリティを
強化します。

設定方法

①「ポリシー」を選択します。

②「セキュリティプロファイル」を開きます。

③「適用する」または「適用している」プロファイルを選択します。
 ※画面では「【50-1】初期設定のプロファイル」を選択

gw_spywa01.png


④ IPSのタブを選択します。


⑤ IPS機能を有効にする場合は「オン」にします。


⑥ 処理を「ブロック」または「監視」にします。


⑦ 詳細設定する場合は「オン」にします。「オン」にすると「IPSルール」が表示され、

 ルールフィルタを設定できるようになります。

⑧「保存」ボタンを押します。

⑨画面左上の「すべて配信」をクリックします。


gw_ips02.png


※IPSルールとは、デバイスに侵入する脅威、セキュリティホール、バックドアプログラムなどの

 攻撃パターンをあらかじめルールとして設定したもので、「名前」をクリックすると表示される

 「IPSルール情報」画面でルールの詳細な内容を確認できます。

※初期状態では、すべてのルールが適用されます。