メールセキュリティ対策

概要

メールセキュリティー対策は、メールの脅威に対する高度な保護を提供し

メールに関連する不正プログラムやスパムメールからご利用のパソコンを保護します。

設定方法

① 「ポリシー」を選択します。

②「セキュリティプロファイル」を選択します。

③ 「【50-1】初期設定のプロファイル」を選択します。

gw_mailmeas01.png

④「メールセキュリティ対策」を選択します。

⑤ 「不正プログラム対策」の有効/無効を選択します。

⑥ 「機械学習型検索」の有効/無効を選択します。

⑦ 「スパムメール対策」の有効/無効を選択します。

gw_mail01.png

⑧「メールレピュテーション」の有効/無効を選択します。
※メールレピュテーションを有効にすると、スパムメールを高い確度で検知できます。

⑨ 「コンテンツフィルタ」の有効/無効を選択します。

gw_mail02.png

⑩マイナンバーによるフィルタを行う場合、「オン」を選択します。
※検索対象は本文のみです。(添付ファイルは検索されません)
※処理は初期値「タグの追加」となっています。
 送受信をブロックする場合、「ブロック」を選択します。

⑪「保存」をクリックします。

⑫ 「すべて配信」をクリックします。

gw_mail03.png


例外登録を行う場合は、下記手順を実施ください。

ファイルタイプ指定の場合

1.「ファイルタイプ」を選択します。

2.「許可するファイルタイプ」「ブロックするファイルタイプ」にチェックを入れる。

3. 「保存」をクリックします。

4.「すべて配信」をクリックします。

gw_mailmeas05.png

メール送信者を指定する場合

1.「メール送信者」を選択します。

2.許可する送信者のメールアドレスを入力します。

3.「追加」をクリックします。

4.「保存」をクリックします。

5. 「すべて配信」をクリックします。

gw_mailmeas06.png

メールプロトコルの有効/無効を変更する場合

※初期値はSMTP、IMAPが「オン」、

 SMTP、POP3S、IMAPSが「オフ」となっています。

1. メールプロトコルで有効にするものを「オン」無効にするものを「オフ」に変更します。

2. 必要に応じて、カスタムSSLポートを指定します。

3.「保存」をクリックします。

4.「すべて配信」をクリックします。

gw_mailmeas07.png