不正プログラム対策

概要

不正プログラム対策機能は、新たに出現する脅威に対するセキュリティーを強化します。

設定方法

①「ポリシー」を選択。


②「セキュリティプロファイル」を開き、


③適用するまたはしている該当のプロファイルを選択します。
 ※画面では「【50-1】初期設定のプロファイル」を選択

gw_spywa01.png


④ 不正プログラム対策のタブを選択します。


⑤ 不正プログラム対策機能を有効にする場合は「オン」にします。

gw_spywa02.png


スマートスキャンを有効にする

 チェックを入れると、トラフィックがトレンドマイクロのスマートスキャンサーバへ送られ、

 詳細な分析が行われます。スマートスキャンが検索できないトラフィックは、従来型の不正プログラム検索機能により検索されます。

 スマートスキャンが無効になっている場合、従来型の検索が使用されます。


機械学習型検索を有効にする

 チェックを入れると、従来の不正プログラム検索で判断できない未知の脅威に対して、機械学習による分析が行われます。

⑥「ファイル拡張子」の「許可するファイル拡張子」には、不正プログラムとして検索しないファイル拡張子を入力します。


⑦「ファイル拡張子」の「ブロックするファイル拡張子」では、検索を実行する前にブロックする拡張子にチェックを入れます。


⑧「保存」ボタンをクリックします。

⑨画面左上の「すべて配信」をクリックします。



gw_spywa03.png


  不正プログラム対策機能を有効にすることで、ネットワークコンテンツ検査エンジン(NCIE)による

  C&Cサーバ通知検知が有効になります。