Webレピュテーション

概要

Webレピュテーション機能は、ユーザーがアクセスしようとするURLを調べ、危険なWebサイトへのアクセスを
ブロックします。

トレンドマイクロの脅威情報収集ネットワークによって収集したさまざま情報を元に、ドメイン、Web ページ、
Web サイトに埋め込まれているリンク単位でスコアリングを行いデータベースに登録されています。

設定方法

①「ポリシー」を選択します。


②左カラムの「セキュリティプロファイル」を選択します。


③「適用する」または「適用している」プロファイルを選択します。
 ※画面では「【50-1】初期設定のプロファイル」を選択

gw_spywa01.png


④Webレピュテーションのタブを選択します。


⑤Webレピュテーション機能を有効にする場合は「オン」にします。


gw_WebRep_01.png

⑥「セキュリティレベル」ではWebレピュテーションの感度を設定します。

  環境に応じてレベルを調整してください。

⑦「処理」では危険なWebサイトを検知した際の処理を選択します。


⑧「保存」ボタンをクリックします。

⑨画面左上の「すべて配信」をクリックします。

gw_WebRep_02.png